出会い系 主なアプリを比較する 使えるのは大手4つです

出会い系は色々とアプリがあり、迷いますね。

勿論サクラのいる悪質サイトは論外です。

見分け方についてはこちら

今からご紹介する、大手のハッピーメール、ワクワクメール、PC-MAXは全然安心です。

それぞれの特徴を上げてゆきますね。

参考にしてください。

ハッピーメール

基本情報 運営会社(株)アイベック 運営開始2000年 会員数700万人 男女比6対4
安全性 個人情報保護 架空請求なし サクラなし 迷惑メールなし 24時間365日のサイトパトロール
料金体系 男性ポイント制(1p10円)女性無料 メール送信1通50円 掲示板書き込み1回50円(全掲示板1日1回無料)
特徴 デリ業者からの営業メールも多い反面、若い女性に向けた広告が効果を発揮して、10代、20代のオシャレ女子も活発に入ってきています。 サイトを覗いてみれば、どうしてティーンの女の子達が利用するのか分かりますよ。

占いやニュース、ゲーム、パーティーの開催などサイトで色々と遊べるのが

特長です。

プロフィールに音声登録が可能なのが特色。

声に人柄が現れるといいますから、中年の方もアピールできるチャンスがあります。

ワクワクメール

基本情報 運営会社(株)ワクワクコミュニケーションズ 運営開始2001年 会員数550万人 男女比6対4
安全性 個人情報保護 架空請求なし サクラなし 迷惑メールなし 24時間365日のサイトパトロール
料金体系 男性ポイント制(1p10円)女性無料 メール送信1通50円 掲示板書き込み1回50円(全掲示板1日1回無料)
特徴 アプリの評価が高く、SNSを利用するようなお手軽感で若い女の子達が使っています。 マジメな子が多い印象なので、ゆっくりメールのやりとりができる人におススメです。

好みの子にタイプするとマッチングしてくれるシステムがあります。

日記にマメに書き込んでいる子と会えると長続きしそうです。

YCC

基本情報 運営会社 株式会社Diverse 運営開始1999年 会員数700万人 男女比6対4
安全性 個人情報保護 架空請求なし サクラなし 迷惑メールなし 24時間365日のサイトパトロール
料金体系 男性ポイント制(1p1.08円)女性無料 メール送信1通50P

プロフィール投稿閲覧1回10P

特徴 モンスターストライクなどのスマホゲームをヒットさせているmixiグループということで、スマートフォンアプリの使いやすさが、他の出会い系サイトに比べ突出しています。

女性からの支持が高いアプリです。

mixiグループという事で、割り切りや業者は少ないです。

まじめな交際を探している人が一番多いような気がします。

つぎに
PC-MAXさん。

PC-MAX

PCMAXの基本情報 運営会社(株)マックス 設立年度2001年 会員数700万人 男女比6対4
安全性 個人情報保護 架空請求なし サクラなし 迷惑メールなし 24時間365日のサイトパトロール
料金体系 男性ポイント制(1p10円)女性無料 メール送信1通50円 掲示板書き込み1回50円(1日1回無料)
特徴 デリ業者も活発に営業をしているため、風俗代わりに使う男性も多い。(相場は0.5~2万) 一般女性も大勢いるので、デートや食事の後にラブホに連れ込むこともできる。 運営側が本気で男女の出会いをサポートしてくれているのも嬉しい。
イベント 登録2日以内にポイントを購入すると1.5倍オマケでもらえる。 月1.2回ポイント倍増キャンペーンをしているので出会いの費用を安く抑えられる。プロフィール閲覧からメール無料になるゲリライベントなどもあり。

pc-maxの特徴はアダルト掲示板に写真がついている事

これは業者にとってはアピールしやすく、デリヘルなどの業者が多数います。

特長はプロフィールや、趣味を聞いても返答がなくすぐに会おうと誘ってくることです。

こういう業者はスルーしますが、それ以外の割り切り希望も多いです。

全部登録した方がヤレる可能性がアップします

どれも使える大手4社ですが、どこか一つに絞った方が良いのか、それとも

4社すべてに登録した方が良いか?

ですが、まず基本的にどのアプリもすべて登録は無料です。

会員数も一つのサイトのみで探すより、多くの会員数の中から探した方が良いですよね。

東京や、大阪などの大都市なら会員数も多いでしょうが、地方都市の場合は不利です。

ここは迷わず、すべて登録してみましょう。

その中から一番会える使えるアプリを選べばよいのです。

大手4社への登録はこちら。


ハッピーメールの無料登録

ワクワクメールの無料登録

YYCの無料登録

PC-MAXへ無料登録

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク